条件から探す


  • ●勤務エリア
  • ●職種
  • ●給与
    • 時給

    • 日給

    • 月給

  • ●すべての条件から探す
  • 選択する

  • ●雇用形態

失敗はできない採用面接を成功させる面接方法のまとめ

面接のマナーやプロセスをしっかり解説

【服装】
こぎれいで清潔感のある格好がベスト。
ボロボロのジーンズにサンダルなどはやめましょう。
アクセサリー・髪型・化粧なども派手になりすぎないように注意。
面接の際の第一印象が大事です。
【時間厳守】
もし遅刻してしまったら、面接時間の前に必ず連絡して担当者に謝ろう。
万が一当日行けなくなった場合でも、相手はあなたのために時間をあけて待っているのだから必ず連絡して担当者に謝ろう。
【あいさつ】
さわやかなあいさつは第一印象を良くします。
【話し方】
使い慣れない敬語で喋るのは大変だけど、これも最低限のマナーです。
たどたどしくても丁寧な言葉遣いを心掛けましょう。
質問には、相手の目を見て答えましょう。

『面接の流れ』 ポイントをしっかりチェック

【最初のあいさつ】
元気に自分から名乗り、挨拶しましょう。
担当者を座って待っていた場合は立ち上がって挨拶しましょう。
【経験を聞かれたら】
経験の有無を聞かれたら、経験者の場合は応募した職種に結びつきそうな経験の話しをしよう。
未経験者でも大丈夫。どんな仕事をしていたかきちんと伝えよう。
【志望動機】
志望動機は必ず聞かれるので考えておきましょう
【自己PR】
面接は自分をアピールする場です。
積極的に職種に結び付きそうな話をして行きましょう。
【勤務条件の希望】
あらかじめ出勤出来ない日が分かっているのであれば、その理由をちゃんと伝えておきましょう。
【質問を聞かれたら】
特にないなら無理して質問する理由はありませんがアピールするならなにか一言を。
業務の説明でわからないことや確認したいことなどは面接時に聞いておきましょう。

続きまして、あなたが、面接官に見られている所を話していきます。
参考にして頂ければと思います。

1.見た目
第一印象で好感をもてるかどうか?
服装や身だしなみに清潔感があるかどうか?
活発さや覇気、やる気があるかどうか?
2.ビジネスマナーやコミュニケ-ション能力
態度や言葉遣いはどうか?
相手の話をきちんと聞けるているかどうか?
聞きやすい声で話せているかどうか?
物事を簡潔に表現できるかどうか?
3.適性や協調性
どんな性格かどうか?
協調性があるかどうか?
新しい環境を受け入れる柔軟性があるかどうか?
4.業務関連のスキルや意欲レベル
実務経験または関連した職歴。知識や応用、対応できる能力があるかどうか?
業界や仕事に対する考え方はどうか?
与えられた業務への達成意欲はどうか?また実績はあるかどうか?
今後の目標を持っているのかどうか?
自主的に工夫や努力をする人かどうか?
言葉以外に意欲や熱意を感じるかどうか?
5.就業への適応力
転職(退職)理由に担当者(会社)が納得がいくかどうか?
前職の給与・希望給与、会社規定と折り合いがつくかどうか?
通勤に無理がないかどうか?
残業、出張に対応してくれるかどうか?
遅刻・欠勤の可能性はありそうかどうか?
最初の出社可能日はいつからか?どれくらい働けるか?

面接官はあなたを知るために、いろいろな質問をしてきます。
聞かれると困る事ほど、事前の準備が必要になってきます。
以上のことを参考にし、面接に役立ててください。

最後に、面接でよく聞かれる質問を4つにまとめてみました。
必ず聞かれるとは限りませんが、心の準備にはなるかと思いますので、参考にして下さい。

【質問1 志望動機】
例えば、キャリアアップの方は五年後の自分をイメージして語る
企業をリサーチして、自分との関りで意欲を伝える
【質問2 退職理由】
仕事への考え方、取り組み方、人間関係が見られます。
「前向きな姿勢」をアピールしましょう。
【質問3 自己PR】
仕事に対する姿勢、柔軟性、思いやりのある人付き合いができるかどうか?
【質問4 キャリア 仕事に活かせる持ち味】
職種履歴書を提出していれば、一通り説明しているので、面接ではキャリアを活かして何ができるかをアピールする。