条件から探す


  • ●勤務エリア
  • ●職種
  • ●給与
    • 時給

    • 日給

    • 月給

  • ●すべての条件から探す
  • 選択する

  • ●雇用形態

採用面接に役立つ履歴書の書き方とテンプレ

履歴書は、面接や採用されるために重要な資料になります。
就職活動をスムーズに進めるために、まずは履歴書の書き方を理解する必要があります。
書き方で注意する点として、空白欄を作る等、情報量が少ないことはマイナスイメージです。
また誤字脱字や記入漏れも問題外ですので、十分に注意して記入しましょう。

【履歴書を作る上で必要な項目】

日付
提出日の日付、郵送の場合は投函日、面接に持っていくときは面接当日の日付を書きましょう。
住所
都道府県からマンション名、部屋番号まで省略しないで記入します。
郵便番号も忘れないように。
電話番号
自宅以外に携帯電話の番号も記入します。
日中連絡がつきやすい番号であることが大事です。
学歴
学歴は高校までは卒業のみ、大学は入学も記入します。
大学は学部・学科、コース・専攻名を記入しましょう。
学校名・学部名が変った場合は卒業当時の名称(卒業証書に記載の名称)を使用します。
学校の統廃合などがあった場合は( )内に「現○○○」として付記するとよいでしょう。

一度、就職してから再び学校に入学し、学び直した場合も学歴の欄に書きます。
企業が注目するのは最終学歴であることが多いためです。
職歴
西暦か和暦か、どちらかで統一
基本はすべての入社・退社歴を時系列順に記入します。
すべてを記入した後に、右寄せで「以上」と記入します。
退職年月の行には退職理由も併せて記入するのが一般的で、自己都合の場合は「一身上の都合により退職」か、または会社都合の場合、「会社都合により退職」と書きます。
あらかじめ契約期間が定まっている仕事だった場合には、「契約期間満了により退職」と書きましょう。
資格・免許
取得している資格、免許をすべて正確な名称で記入します。
現在習得のために勉強中のものも記入(有効期限は要確認)
特技
学生以外は原則、記入する必要はありません。
社会人や主婦は職歴である程度推測できるため不要です。
面接で「休日の過ごし方は?」と聞かれたら答えることで大丈夫です。
自己PR
まずは、応募職種に関係するものを。
それ以外も自分のPRにつながるものなら積極的に記入。
自分が自信をもっていることや会社に貢献できるポイントなどを明確にアピールします。
経験を元に説明するとより説得がある自己PRになります。
また、久しぶりの仕事復帰を目指す方にとって、資格の取得歴は職歴のブランクを埋めてくれる、心強い自己PRになります。
もし、応募職種に関連する資格があればスキルアップに向けた努力の証として記入し、積極的にアピールしていきましょう。
「履歴書」で大切にしたい4つのポイント
1 履歴書は自分自身!汚さずに丁寧に扱おう

採用担当者は、あなた自身よりも先に、履歴書から多くのあなたの情報を読み取ります。
汚れたり、曲がったりしている履歴書はルーズな印象を与えてしまうことも。
持ち歩くときには、履歴書が2つ折りのまま入るクリアファイルか、封筒に入れて折れたり汚れたりしないように。
またカバンに入らないからといって、2つ折り以上に折りたたむのも避けたほうがいいでしょう。

2 ウソの記述に注意!誤字・脱字や表記間違いにも気を付けて

自分をよく見せたいために学歴や職歴でウソを書くのはいけません。
今は持っていないけれど取得中の資格などは、正直に「取得に向けて勉強中」と書けば大丈夫。
勘違いなどによる間違いもないように入学や卒業の年号や学校や会社の正式名称はあらかじめ確認しておきましょう。
また、「(株)」といった略字や略語は使わず、「株式会社」と記入するなど正確に記載することを心がけましょう。

3 空欄のままにしておくより「特になし」と記入を

資格欄や本人希望欄、あるいは職歴欄など、どうしても空欄ができてしまうような場合、本人希望欄であれば、「貴社規定に準じます」と書くと良いでしょう。
その他の欄でどうしても空欄となってしまう場合、「特になし」と記入しましょう。
ただし自己PR欄や志望動機欄など、自分のアピールになる項目は必ず記入することをお勧めします。

4 消えない黒ペンで記入すること

履歴書はシャープペンや色ペンで書くことはもちろんNGです。
またこすって消せるペンも使わないこと。
手書きの場合、間違えたら修正テープや取り消し線による修正はせず、最初から書き直しましょう。
履歴書はパソコン入力で作る方が、訂正も保存もしやすいので作成の手間が省けます。
見直しはプリントして確認すると、間違いにも気づきやすいです。

「履歴書」は、あなた自身よりも先に自分を知ってもらう大切な資料です。
あなたがどんな人物なのかを伝えるために、自分の得意なこと、希望する職場で活かせるスキルや資格、働く意欲が強いことやその理由をしっかり書いていきましょう。
提出前はもう一度再確認を。
WEB履歴書でも手書きの履歴書でも、内容がしっかりと書けていることが大切です。

続いて、履歴書と並んで参考にされるのが職務経歴書。

自分をアピールするために必要な書類ですが、採用担当者がチェックするポイントは、履歴書とは異なります。
まずは履歴書との違いを確認しておきましょう。

職務経歴書 書き方の基本

職務経歴書の形式は、「まとめ方」の違いで4つの種類があります。

編年体式 これまでの職歴を古い順番からまとめたものです。
学校を出て最初に就職した会社の職歴から順に書いていきます。
逆編年体式 その名の通り、編年体の逆バージョン。
直近の職歴から始めて後ろにいくほど職歴が古くなっていきます。
キャリア式 会社ごとに書くのではなく、職歴の中で共通する業務についてまとめて書いていく形式です。
プロジェクト式 関わってきたプロジェクトごとにまとめて書く形式です。
プロジェクト単位での仕事が多い開発・技術職の方におススメです。

形式を選ぶときのポイント!

一番よく使われているのが編年体式です。
転職を繰り返していて、最初の職歴が今の自分が持つスキルとはかけ離れているといった場合や、直近の会社がいい会社なので目立たせたいといった場合には逆編年体式を選んでもよいでしょう。
転職回数が多く、編年体式では長くなりすぎて読んでもらいづらい恐れがある場合は、業務内容でくくるキャリア式でまとめます。
2~3ページでまとめる
詳しく書きすぎるあまりにページ数が増えてしまうと、採用担当者は読むのを負担に感じてしまいます。
2~3ページになるように、簡潔な文章を心掛けましょう。
どうしても長くなりそうな場合はキャリア式でまとめるとすっきりします。
募集要項に合わせて書く
企業によって求めている経験やスキルは異なります。
このため、応募する企業ごとに職務経歴書をアレンジし、応募要項が求めている経験やスキルにフォーカスする形でまとめます。
また、メールで送付する際は、PDFで保存したものを送るようにします。
募集要項に合わせて書く
企業によって求めている経験やスキルは異なります。
このため、応募する企業ごとに職務経歴書をアレンジし、応募要項が求めている経験やスキルにフォーカスする形でまとめます。
また、メールで送付する際は、PDFで保存したものを送るようにします。
お悩み解消!職務経歴書の書き方アドバイス!
転職回数が多い場合
キャリア形式で職種ごとにまとめて書こう経験してきた職種がある程度絞られている場合は、 キャリア形式で書くことで転職回数の多さが目立たなくなります。
また、転職回数が多い理由を長々と書く必要はありません。
代わりに自己PR欄を上手く使って、意気込みを表現していきましょう。

年齢が高めの場合
新しいことにチャレンジしてきた経歴や積極性をアピール求人の際の年齢制限は法律で原則禁止されていますが、職種によっては年齢の高さが気になるのも事実。
実際のところ、採用担当者が心配しているのは年齢の高さというよりも、「新しいことを覚え、仕事についてこられるのか」「若い人たちと上手くやれるのか」という点です。
新しいことに貪欲にチャレンジしてきた経歴や、職場はもちろん、地域の活動やPTAなどで自分よりも若い人たちと上手くやってきた経験があれば、積極的にアピールしていきましょう。

休職期間が長い場合
職務経歴書への記入不要、面接時に前向きな理由を伝えよう
ただ、休職期間に何もしていませんでした、となると懸念されてしまいます。
応募職種に近い仕事をアルバイトでやっていた、講習会や勉強会に参加していた、地域でボランティア活動をしていたなど、自分なりに就職に向けてとってきた行動を、面接の場で伝えていきましょう。

未経験の職種に応募したい場合
今までの経験が活かせることや自分の強みをアピール応募する職種とこれまで経験してきた職種が違っても、「今までやってきた仕事のこういう部分が活かせる」という点があれば自己PR欄を使ってアピールします。
技術的なスキルだけでなく、対人スキルも含めてアピールしてみましょう。
また、応募職種に関連する勉強を始めているなどの事実があれば、その意欲が評価されます。 ぜひ何らかのアクションを起こしてみてください。

資格がない・スキルがない場合
自分ができることをアピール
まず、資格がそれほど重要視されない職種もたくさんあります。
資格の有無にこだわらず、自分ができることを具体的に書いていきましょう。
また、募集要項が求めるスキルが十分ではない場合は、対人スキルを含め、これまでの職歴の中から活かせそうなスキルについて書いてきます。

ルーチンワークの経験しかない場合
こなしてきた量やミスのなさを強みとして伝えよう
着実にコツコツとやることが求められる仕事というのは、世の中に案外たくさんあるものです。 ルーチンワークに携わってきた経験をアドバンテージととらえて、いかに着実に、かつ持続的にその業務を行ってきたのかをアピールするようにしましょう。

目立った実績がない場合
自分の経験やスキルをしっかり伝えれば大丈夫
社内での表彰歴や資格の取得歴はスキルを裏付けてくれるものではありますが、必ずしも必要なものではありません。
業務内容の記述や自己PRの内容で、自分の持つ経験やスキルをしっかりと書くことを優先させてください。

前職を短期間で辞めている場合
短期間だとしても得たスキルや経験が書ければ大丈夫
職務経歴書に必要なのは「社歴にこだわらず今、自分が持っている経験やスキルをアピールすること」です。
前職をすぐに辞めたことについて、職務経歴書上でフォーカスする必要はありません。